自分のニオイ

ロングセラーのデオドラントパウダー“スメルメ・ディカ”
医薬部外品

自分ではわからない“自分のニオイ”。指摘しづらいデリケートな問題だからこそ、貴女のニオイは大丈夫?

人とすれ違った時や車の中、応接室で人の体臭が気になったことってありますよね。「何で気がつかないの?」「家族や友人が注意してあげればいいのに…」と思ってもニオイの問題はデリケート。親しくても「臭いよ」なんてなかなか言ってはもらえません。だからこそ、自分で体臭コントロールすることは大人としての最低限のエチケット。汗ばむ季節も気兼ねなく人に会える、そんな貴女の自信を支えるのは医薬部外品の「スメルメ・ディカ」です。

≪貴女を取り巻くさまざまなニオイの悩み≫

◆これからの時期は特に気になる“汗臭”
 濃度の違いがありますが、汗と尿(おしっこ)は成分的にはほとんど差がありません。
◆季節にかかわらず気になる“足臭”
一日中靴の中に閉じ込められている足は汗でムレムレ。指の間にたまった汗で、足も靴も靴下もどんどん臭くなってしまいます。
◆中高年男性だけではない“加齢臭”
 女性ホルモンが減少し始める40代からは、女性でも加齢臭が出てくる人が増加します!! 一説には男性より女性の方が、
 加齢臭が年と共に強くなり、長期化する傾向にあるともいわれています。
◆女性特有の“月経臭”
 女性ホルモンの関係で、月経の時には体臭が変化するだけでなく、陰部のアポクリン汗腺から出る汗と皮脂が混じりあい、
 不快な臭いの原因にもなり、意外と悩んでいる方が多い体臭のひとつです。
◆本人は慣れて気にならない“腋臭”
 住んでいる人にとって、家のニオイは慣れてしまって気がつかないように、ワキガの方も自分のニオイは鼻が麻痺して気がつきにくい
 ものなのだとか。
◆病気だからとあきらめきれない“体臭”
 病気で思うように入浴ができないときの体や寝具から発せられるニオイは、自分自身も、また看病してくれる人にとっても切ないものです。

発売から32年のロングセラー!!  累計販売数100万個を突破!!

≪スメルメ・ディカが長く愛される秘密≫

■部位を選ばず手軽に使えるパウダータイプ
白くならず、腋や耳の後ろ、足の指の間などニオイの気になる部位にポイントで使うことができ、スプレータイプのように周囲に飛び散ることがありません。
■持続性が自慢です
1日1~2回の使用で効果が続き、ニオイのもと(細菌の繁殖)をシャットアウト。ロールオンやクリームタイプのように汗をかくたびに塗りなおす必要がありません。
■汗の吸収性抜群
パウダータイプは汗を吸収するためワキガの発生を抑制します。また、汗をかいてムレやすい足の指の間にすり込んでおけば、一日中靴の中は快適。ブーツの季節も怖くない。
■付属のパフでつけるから誰でも使える
 逆さにすると使えないスプレータイプや、乾くまで待つロールオンタイプと違い、手軽に付属のパフ
で使えるので、寝たままの状態で、オフィスのロッカーやトイレでもさっとひと塗りできる手軽さが好評です。

ワキガやニオイ・汗で悩んでいる・・・。ニオイを気にしないで、快適に過ごしたい。
“スメルメ・ディカ”は、そうした体のニオイが気になる方のために開発され、
その消臭効果の持続で、32年のロングセラーを誇る薬用デオドラントパウダーです。